システム技研のロゴ

安心できる環境で、挑戦を続けよう

島根県からUターン

製造部製作課

Sさん

(20代)

Q1. 入社までの経緯は?

都城市出身で、宮崎県立都城工業高校を卒業後、島根県で異業種に就職。体質的に合わないなと感じ、転職活動をしている中で、就職説明会で当社を知りました。

なぜ当社に決めたのですか?

当時、知人が勤めており、地元都城でも当社はかなり知名度があります。信頼できる会社ですし、ご縁を感じましたので、入社を決めました。

勤続何年目ですか?

2018年に入社し、4年目になります。

Q2. 実務内容は?

製造部に所属し、精密部品のプログラム設計や加工、検査や本検査までを手掛けています。部品は0.01ミリのズレも許されない世界。いつも緊張感やプロ意識を持って取り組んでいます。

0.01ミリ!すごいですね。
どのようにスキルを身に着けましたか?

会社の先輩方に丁寧に教えていただきました。私のいる工場の平均は30代中盤。皆さんそんなに年齢が離れていないので、とても聞きやすいです。

Q3. どんな瞬間が楽しいと感じますか?

今までやったことのない部品を、試行錯誤して作るときは楽しいですね!既存のプログラムを使って、既存の部品も作ることも多いのですが、新規で作り出すときもあります。

自分自身で新規で作り出し、実際に検査を通ったときには、かなり達成感が大きいですね。

逆にしんどい瞬間はありますか?

やっぱり失敗したときは落ち込みます。寸法ミスや加工ミス、新規のときには特にミスが起こりやすいんです。

3〜4日落ち込むこともありますが、時間とともに徐々に持ち直していくイメージです。気にしないのは無理ですが、上手に諦めて、次に活かしていっています。

Q4. Sさんにとって、システム技研はどんな存在ですか?

「挑戦」できる場所でしょうか。

1から全部自分自身で手掛けることができる。機械のメンテナンスも自分でしますし。全て自分の手で挑戦できるんです。

Q5. 応募を検討している人へのメッセージ

私は、実家から自転車で通っています。

実家からですと、安心してお仕事に取り組めますね。

そうですね!生活の面は家族のサポートもあり、かなり助かっています。

地元から通えて、高い技術の精密加工に携わることができる。そして、知名度も高く、安心。ぜひ地元で自分らしく挑戦し続けたいという方に、来ていただきたいですね!